« フジテレビ、寝屋川の小学校殺傷事件の少年実名報道 | トップページ | 花粉の季節です »

英語のホームページ翻訳の仕方

今日は英語のWebサイトを日本語に翻訳する方法を伝授しましょう。
やり方は、簡単です。
「Excite翻訳」のウェブページ翻訳で、英語のサイトのURLを入力するだけです。

さらに、日本語を英語にする事も可能です。
ためしに、EXE LOUNGEの英語版を見てください。
英語版EXE LOUNGE
ただこのサイトは文章ではないために、文字数の多い英語に変換すると見ての通りレイアウトがめちゃめちゃになりますが・・・・。

Excite翻訳の凄いところは、英語の他に中国語や韓国語なども翻訳できるところでしょう。これを使えば、英語、中国語、韓国語のサイトも何となく内容がわかるようになりますね!

ちなみにExcite翻訳の英語翻訳の機能を提供しているのは、アクセラテクノロジという会社のeAccela BizLingo(イーアクセラ・ビズリンゴ)という自動翻訳システムです。

他のWebページ翻訳は・・・インフォシークマルチ翻訳---翻訳システムは・・・AMIKAI

これによりあなたも言語の壁を越えられます。

■ココで練習!!
例えばシアトルマリナーズのイチローのHP(英語)
http://www.ichiro.000k2.com/index.html←閉鎖されてます

例えば、アメリカ版Yahoo!
http://www.yahoo.com/

このURLをコピーしてウェブページ翻訳に入力(ペースト)してみてください。

どーーです!!日本語になったでしょう!!

ちなみに、Googleで英語のサイトを検索するとタイトルのヨコに[このページを訳す BATA]と入っているのをご存知でしょうか?
サンプル
そーなんです!!Googleで普通に英語のサイトを検索したときはそのまま翻訳も出来るんですねー!

翻訳の精度に関しては何処がいいのか私にはよくわかりません・・・・
なぜなら、どこも直訳?なのか?日本語の文としてはイマイチだからです・・・・
まー自動翻訳なのでしょうがないのでしょうが・・・・。

|

« フジテレビ、寝屋川の小学校殺傷事件の少年実名報道 | トップページ | 花粉の季節です »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事